横浜市青葉区のクロダ矯正歯科|歯並び・咬み合わせなど歯列矯正の専門医

青葉区 クロダ矯正歯科
Tel:045-902-2020 〒225-0011
横浜市青葉区あざみ野2-9-5吉春ビル1F
自立支援指定医療機関(育成・更正医療)

永久歯列の矯正治療例

永久歯列の矯正治療では、歯の表側や裏側からのマルチブラケット装置が第一選択となります。

叢生(そうせい)・デコボコ

八重歯など歯がでこぼこに生えている状態です。
歯磨きがしにくいので、ほうっておくと虫歯や歯周病にかかりやすいです。

叢生の治療例

上顎前突(じょうがくぜんとつ)・出っ歯

上の歯が前に出ている状態です。 下の前歯は上の前歯の後ろの歯ぐきを咬んでしまうことも多いです。 唇が閉じにくく、ほうっておくと、口呼吸になりやすいです。 治療をすることで見た目や口元がきれいになります。

上顎前突

上下顎前突(じょうかがくぜんとつ)口もとが出ている

上下の歯が前に出ている状態です。一見、それほど悪い歯並びに見えませんが、唇が閉じにくく、口呼吸を招いていることが多いです。治療をして前歯を後ろへ下げることで、唇を楽に閉じて鼻呼吸しやすくなり、口もとがきれいになるほか、虫歯や歯周病の予防にもつながります。

上下顎前突

反対咬合(はんたいこうごう)受け口

下の歯が前に出てしまっている状態です。前歯で食べ物を噛み切ることができません。 ほうっておくと、発音が悪くなったり、下唇が出ているために口もとがしゃくれて見えます。

反対咬合

開咬(かいこう)歯が噛まない

歯(特に前歯)が咬み合わない状態です。前歯で食べ物を咬むことができず、咬んでいる奥歯に負担がかかります。空気が抜けてしまうので、発音も悪くなります。指しゃぶりや舌を前へ出してしまう癖などが影響していることが多く、それら悪習癖の改善(筋機能療法)も大切です。

開咬

ビタミンママ
→ 当院掲載ページへ

↑ PAGE TOP