横浜市青葉区の矯正歯科・歯列矯正の専門医、青葉区あざみ野のクロダ矯正歯科

青葉区 クロダ矯正歯科
Tel:045-902-2020 あざみ野駅1分・駐車場あり
〒225-0011
横浜市青葉区あざみ野2-9-5吉春ビル1F
自立支援指定医療機関(育成・更正医療)

矯正治療で歯はなぜ動くの? 

歯列矯正・歯が動く仕組み

院長歯はとっても硬いし、あごの骨にしっかり埋まっているのにどうして矯正装置をつけると歯が動くのでしょうか?歯と歯槽骨の間には歯根膜というクッションのような組織があります。歯に矯正力が加わると歯根に圧迫された側の骨がなくなり(吸収)、反対側のすき間は新しい骨が作られます(再生)。 吸収と再生を繰り返し、結果として歯が移動していくのが歯列矯正のしくみです。

歯が動く仕組み
歯ぐきの中には歯を支えるための骨(歯槽骨)があり、歯槽骨と歯の根の間には歯根膜という弾力のある薄い膜があります。歯根膜は、歯にかかる衝撃をやわらげるクッションのような役割を持っています。

歯が動く仕組み2
歯を引っ張って動かし始めると、その力が歯根膜に伝わります。歯が動く方向側の歯根膜は縮み、反対側は引っ張られて伸びます。縮んだ歯根膜は元の厚さに戻ろうとして、骨を溶かす細胞をつくり、動く方向側の骨を溶かします〈吸収)。一方、伸びた歯根膜は元の厚戻ろうとして、骨を作る細胞をつくり、反対側に骨を新しく作ります(再生)。

歯が動く仕組み3
骨を溶かす細胞と骨を作る細胞のはたらきで、歯根膜がもとの厚さにもどります。吸収と再生が繰り返されることで歯が少しずつ動いていきます。

骨が作り替えられるのを待つから歯を動かすのはゆっくり少しずつになります。だから 矯正治療は時間がかかるのです!

矯正治療に通うのは1ヶ月に一度くらいです。
装置で歯に少しずつ継続的な力を加えると、 徐々に歯は動きます。歯が動くスピードは1ヶ月に0.5~1ミリ程度です。やみくもに強い力を加えたからといって、早く動くというわけではありません。力をかけすぎれば、場合によっては、歯根や周囲の骨に大きなダメージを与えてしまします。歯や周囲の組織に負担をかけずに、体が持つ自然のペースで歯を動かしていきます。

歯列矯正の歯の動かし方の種類

矯正治療で可能な歯の動かし方は、ひとつではありません。 みなさんがまず思い浮かべるのは、水平方向へ動かすというものではないでしょうか? 歯を寄せて、隙間を詰めるという横移動のイメージ。確かにこの動かし方が多いのですが、 以下のような様々な動かし方が可能です。 実際の矯正治療ではこれらの動かし方を複雑に組み合わせて、歯を動かします。そのために、歯の重心点や、力のモーメントや、作用反作用など物理学で出てくるようなことを頭の中でフル回転させながら歯に力を掛けています。

●水平移動させる(歯体移動)
歯の動かし方 水平移動
歯と歯の隙間をなくすために、歯を水平方向に移動させます。矯正治療で最も良くある動きです。
●回転させる(捻転)
歯の動かし方 回転
歯の長軸(歯の先と歯根を結んだ軸)に沿って歯を回転させます。ねじれて生えている歯の向きを正します。
●引っ張り出す(挺出)
歯の動かし方 挺出
歯を上方向へ引っ張り出します。歯茎から歯を出す方向です。
●引っ込める(圧下)
歯の動かし方 圧下
上に飛び出している歯を下方向に引っ込めます。歯茎に歯を埋め込む方向です。
●起こす(傾斜移動)
歯の動かし方 傾斜移動
歯根はあまり動かずに、歯冠(歯の頭)が動きます。抜けた歯を放置して隣の歯が倒れている場合などに有効です。
●歯根を移動させる(トルキング)歯の動かし方 トルキング
歯冠はあまり動かさずに、 歯根を主に動かします。

ビタミンママ
→ 当院掲載ページへ

クロダ矯正歯科
〒225-0011
横浜市青葉区あざみ野2-9-5吉春ビル1階
TEL 045-902-2020
【診療日】
月・火・水・木・金・土・日
(日曜・月曜・木曜は月1回)
【診療時間】
平日 11:00~13:30 15:00~19:30
土曜 11:00~13:30 15:00~19:00
日曜 10:00~12:30 14:00~18:00
【交通アクセス】
横浜市営地下鉄・東急田園都市線
あざみ野駅徒歩1~2分

↑ PAGE TOP