横浜市青葉区のクロダ矯正歯科|歯並び・咬み合わせなど歯列矯正の専門医

青葉区 クロダ矯正歯科
Tel:045-902-2020 〒225-0011
横浜市青葉区あざみ野2-9-5吉春ビル1F
自立支援指定医療機関(育成・更正医療)

歯周病とは?

歯周病とは?歯肉や歯根膜、歯槽骨など、歯を支える土台を「歯周組織」といいます。
歯周病とは、歯周組織が歯垢の毒素が原因で破壊されてしまう病気で、歯肉炎と歯周炎があります。歯肉が赤くはれたり出血したりする軽い症状を歯肉炎、病気が歯肉だけではなく、歯槽骨とよばれる歯を支えているあごの骨までおよんでしまった状態を歯周炎といいます。

歯周病の進行

歯周組織を刺激して、歯肉が炎症を起こしている状態が「歯肉炎」、さらに悪化して、歯槽骨まで破壊されるのが「歯周炎」(歯槽膿漏)です。  

歯周病 健康な状態健康な歯肉  
・うすいピンク色をしている 。
・弾力性があり、ひきしまっている 。
・出血しない。

歯周病 歯肉炎歯肉炎
・炎症が起こっている状態。
・歯肉が赤くはれる。
・歯みがきや、ちょっとした刺激でも出血しやすくなる。

軽度歯周炎軽度歯周炎
・歯肉の炎症が進み、歯と歯肉の間に歯周ポケット」と呼ばれる深い溝ができる。
・歯槽骨の破壊も始まり、水などがしみる。

中等度歯周炎中等度歯周炎
・ 歯肉がブヨブヨにはれ、歯周ポケットからうみが出て、口臭もひどくなる。
・ 歯が浮く感じがして、ものがかみにくくなる。

重度歯周炎重度歯周炎
・ 歯槽骨はほとんどなく、歯根が露出。
・ 歯肉がはれて痛み、歯はグラグラになって最後には抜けてしまう。

歯周病を予防するには、毎日の歯みがきで、きちんと歯垢を落とすこと、歯肉をマッサージして血流を促すことが大切です。

ビタミンママ
→ 当院掲載ページへ

↑ PAGE TOP