横浜市青葉区のクロダ矯正歯科|歯並び・咬み合わせなど歯列矯正の専門医

青葉区 クロダ矯正歯科
Tel:045-902-2020 〒225-0011
横浜市青葉区あざみ野2-9-5吉春ビル1F
自立支援指定医療機関(育成・更正医療)

不正咬合とは

不正咬合の種類

歯並びやかみあわせが悪い(不正咬合)とはいってもそれぞれ人によっていろいろなタイプがあるものです。下のように不正咬合と呼ばれる歯並びの人は見た目の悪さだけでなく歯みがきがやりにくいために虫歯や歯ぐきの病気になりやすく、あごにもトラブルが起こることがあります。

叢生(そうせい)

デコボコの歯並び 八重歯

デコボコの歯並び・八重歯
デコボコに生えた歯や犬歯がはみ出した八重歯であごが小さくて歯が並びきらない状態

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

出っ歯 

出っ歯
上の歯が下の歯よりも前に出ている状態

下顎前突(かがくぜんとつ)

反対咬合 受け口

反対咬合・受け口
下の歯が上の歯よりも前にあり上下の歯のかみ合わせが逆になっている状態

過蓋咬合(かがいこうごう)

噛み合わせが深い

咬みあわせが深い
咬んだときに下の前歯がほとんど見えなくなってしまうような深い咬み合わせ

開咬(かいこう)

前歯が咬まない

奥歯を咬んでも前歯が咬み合わない状態

空隙歯列(くうげきしれつ)

すきっぱ

すきっ歯
歯と歯の間に隙間が多い

他に、
交叉咬合(上下の咬み合わせが横にずれている)などがあります。

不正咬合の原因

不正交合の原因には次のようなことが考えられます。

遺伝

子供の顔や体格が親に似るのと同様に、歯並びも親からの遺伝を受ける場合があります。

あごの大きさや力

小さいあごには歯が並びきらなくなり、デコボコな歯並びになることがあります。また、咬む力が弱いと咬みあわせが甘くなったり、小さなあごになりやすいです。

虫歯

特に乳歯の虫歯で乳歯の生え変わりの順番が変わってしまうと、後から生えてくる永久歯のスペースにも影響して歯並びがデコボコになることがあります。

口の中のくせ

舌で歯を前に押すくせや、口呼吸、指しゃぶり、くちびるを咬むくせなどで出っ歯や開咬になることがあります。
→歯並びと口呼吸

生活上のくせ

頬づえやいつも同じ側で咬む、同じ方を向いて寝るなどくせのある場合は、あごが横にずれることがあります。

けが

小さいころのけがによって口のまわりを強く打つと生える準備をしている永久歯にショックを与え歯並びに影響することがあります。

ビタミンママ
→ 当院掲載ページへ

クロダ矯正歯科
〒225-0011
横浜市青葉区あざみ野2-9-5吉春ビル1階
TEL 045-902-2020
【診療日】
月・火・水・木・金・土・日
(日曜・月曜・木曜は月1回)
【診療時間】
平日 11:00~13:30 15:00~19:30
土曜 11:00~13:30 15:00~19:00
日曜 10:00~12:30 14:00~18:00
【交通アクセス】
横浜市営地下鉄・東急田園都市線
あざみ野駅徒歩1~2分

↑ PAGE TOP