横浜市青葉区の矯正歯科・歯列矯正の専門医、青葉区あざみ野のクロダ矯正歯科

青葉区 クロダ矯正歯科
Tel:045-902-2020 あざみ野駅1分・駐車場あり
〒225-0011
横浜市青葉区あざみ野2-9-5吉春ビル1F
自立支援指定医療機関(育成・更正医療)
  1. ホーム
  2. 矯正治療について
  3. 矯正治療中の食事

矯正治療中の食事について

歯科衛生士マルチブラケット治療など固定式の(取り外しできない)装置による矯正治療中は歯と矯正装置の間に食べカスがはさまりやすくなるので違和感も多くなると思いますが、矯正治療中だからといって、食べてはいけない ものはありません!食べ方に気をつけましょう。

くっつきやすいもの 【ガム・キャラメル・おもち・団子など】 ガムキャラメル  
特に注意が必要なのはキャラメルやソフトキャンディです。お餅やお団子、ガムなどもくっつきやすいです。 こうした食べ物は、矯正装置がはずれたり、矯正装置にくっついて虫歯の原因となったりしやすいので、キャラメルなどは咬まずに舌の上で溶かすように、おもちなどは小さくして食べるようにしましょう。
硬いもの 【おせんべい、フランスパン、ステーキ、りんごなど】 せんべい フランスパン りんご
おせんべいやフランスパン、ステーキなどの歯ごたえのある食べ物は、前歯で強く噛んで食べると矯正装置がはずれたり壊れたりする場合があります。食べる時には小さめにして、奥歯で噛むようにしましょう。また、りんご、とうもろこしなど、大きな口を開けてかじる必要があるものは矯正装置に思わぬ力がかかり、壊してしまったり、外れたりする原因となります。
引っかかりやすいもの 【ニラ、ほうれん草、えのき、麺類など】 ニラえのき ラーメン  
ニラやほうれん草、えのきなどの繊維質の野菜類やキノコ類、パスタやラーメンなどの麺類は装置に引っかかりやすいです。食後に鏡でチェックして、うがいや歯みがきをしましょう 。
色素の強いもの 【カレー、キムチ、赤ワイン、コーヒーなど】 カレー キムチワインコーヒー
カレーやキムチ、赤ワイン、コーヒーなど色素の強い食べ物や飲み物は、矯正治療自体に影響があるというわけではありませんが、矯正装置のゴム部分などに色が着いてしまう場合があります。 これらの食べ物については、ゴムを取り換える直前などのタイミングを選んで食べるのが良いでしょう。
装置の装着直後や調節後など痛みがあったり、硬いものが食べにくいときの食事は? おかゆ グラタン豆腐 プリンバナナ   
おかゆ・軟らかく煮たうどん・マカロニグラタン・蒸しパン・豆腐・茶碗蒸し・オムレツなど。
デザートでは、カステラ・プリン・アイスクリーム・ヨーグルト・レアチーズケーキ・バナナ・桃など。

♪矯正中も食事を楽しみましょう♪
矯正治療中は、歯と矯正装置の間に食べカスがつきやすくなるので、歯みがきはいつも以上に欠かせません。虫歯になりやすいお菓子などはできるだけ減らしたいものですが、肉や野菜といった栄養豊富な食材を過度に制限する必要はありません。矯正治療中の外出時には、携帯用の歯ブラシを持ち歩きましょう。時間がないときは、うがいで口をすすぐだけでも効果があります。

ビタミンママ
→ 当院掲載ページへ

クロダ矯正歯科
〒225-0011
横浜市青葉区あざみ野2-9-5吉春ビル1階
TEL 045-902-2020
【診療日】
月・火・水・木・金・土・日
(日曜・月曜・木曜は月1回)
【診療時間】
平日 11:00~13:30 15:00~19:30
土曜 11:00~13:30 15:00~19:00
日曜 10:00~12:30 14:00~18:00
【交通アクセス】
横浜市営地下鉄・東急田園都市線
あざみ野駅徒歩1~2分

↑ PAGE TOP